2019/03/14

3/14 webshop open


3/14(thu)夜20時~、webshopにて春のコサージュを販売いたします。


今年は、淡いくすみ系のニュアンスカラーの花材で。
ちいさな花束のように束ねて10種類お作りしました。

全て手のひらにおさまるサイズ感ですが、優しい雰囲気で華も感じられるように。
(サイズは商品ページに記載しておりますので、ご確認いただければと思います。)
ひとつひとつ丁寧にワイヤリングを施し、花合わせ色合わせにはこだわりました。




裏にはあらかじめ、ブローチピンを取り付けています。
薄いお洋服だとしっかり固定されないかもしれませんが、
そのようなときは下着まで一緒にピンですくったり、
お洋服の裏にフェルトなどを小さくカットしたものをあてて、一緒にピンですくっていただければと思います。



ハレの日のご使用はもちろん、紐をかけて吊るして小さなスワッグとして飾ったりしても可愛いです。


予定していたよりも販売が遅れてしまいました。。
即日発送も承りますので、お急ぎの場合は備考欄にてお知らせいただければと思います。
ご注文いただきましたお客様へのご注文確定メールも、急ぎ目にお送りさせていただきます。

よろしくお願いいたします。


webshopはこちら






2019/02/26

2/26 20時~ webshop open


本日2/26(火)夜20時~、webshopにミモザのちいさなリースをアップ予定です。

ドライのミモザにポプルスの葉やグレビレアアイバンホーなどを合わせて
ラフに仕上げています。
真ん中にベージュのスエードの紐を結びました。

このタイプのリースの楽しいところは、色んな角度で飾っていただくと雰囲気ががらりと変わるところです。

わたしはちいさな虫ピンを壁に刺して、ベース部分をひっかけて壁に飾っています。
今回フックなどはお付けしておりませんが、直接ベースを引っかけたり紐を結び付けたり、
ちいさなリースですが、ぜひ色々な角度でお楽しみいただければと思います。





ドライのミモザは繊細なので、全てリースボックスにお入れしてお届けいたします。
価格はボックス込みの価格となります。
ご負担を強いて申し訳ございませんが、万が一の破損を防ぐ策としてご了承いただけますようお願い申し上げます。



同じ花材で同じボリューム・雰囲気となるよう努めてお作りしておりますが、
植物の自然な動きをいかしてそれぞれお作りしておりますので、やはりどうしても個体差がございます。
どちらのものがお届けになるかはおまかせいただくかたちになり申し訳ございませんが、
よろしくお願い申し上げます。

webshopはこちら





2019/02/19

2/19 webshop open


2/19(火)夜20時~、webshopにミモザのリースをアップいたします。


ミモザの季節です。
レモンイエローのぽわぽわのままお届けできたら、と毎年思うのですが、
ぽわぽわは半日くらいで固くしぼんでしまい印象も変わるため、
さかさまに吊るしたり、平置きしたり調整しながら乾いてくるのを待ちました。

ドライの状態でも綺麗なお色です。



ミモザのみを使用したシンプルなリース。
オフホワイトのフェイクレザーをワンポイントに結びました。

同じようなボリューム・雰囲気になるよう努めてお作りしておりますが、
それぞれ花の付き具合や枝ぶりも違うため若干の個体差があります。
どれもそれぞれの良さをいかしてお作りいたしましたので、ご了承いただけましたら幸いです。

壁掛け用のフックをお付けしておりますが、ぐるりを回してみてお好きな角度で、また平置きで飾っていただくのもおすすめです。



またドライのミモザは、触ったり少しの衝撃でも細かい葉や花が落ちやすい花材です。
お届けの際、少し落ちていたりするかもしれませんが、梱包には細心の注意を払ってお包みいたしますのでこちらもご了承いただけますようお願いいたします。

全てリース用のボックスにお入れしてお届けいたします。
ご負担を強いて大変申し訳ございませんが、価格は全てボックス込みの価格とさせていただいております。



華奢な枝ぶりがとても素敵な雪柳をしのばせてラフに仕上げたリース。
プリザーブドのシルバーティーツリーも合わせました。
ドライのミモザは時間が経つにつれ茶色っぽく色褪せていきますが、
その過程もお楽しみいただければと思います。



クリームピンクというお色のダブルタッセルを結んだちいさなリース。
雛祭りや初節句の飾りにもおすすめです。
渋さのあるピンクのエリカを合わせています。

タッセルはお取り外しいただけます。



どうぞよろしくお願いいたします。

webshopはこちら