2018/12/17

12/17(mon) 夜20時~ webshop open


本日12/17(月)夜20時~、webshopにて林友加さんの器とlilasの2019年のしめ飾りを販売いたします。

林友加さんの器は、やさしい乳白色、するんとした手触りで凛とした美しさがあり、
温かみもあって本当に本当に素敵です。
全て手作業で作られていることに感動します。
今回は、タカツキの小・中サイズ、重皿フラット大、碗を届けてくださっています。

お正月にもとてもよく似合う素敵な器たちです。
ぜひご覧いただけたらと思います。







lilasの2019年のしめ飾りは全部で13デザインです。
12月に入り怒涛の制作期間でしたが、シンプルで素朴なもの、ほんのり華があるものなど、
ひとつひとつしめ縄を整えながら、気持ちよく新しい年をお迎えできるよう気持ちを込めてお作りしました。
全てプリザーブドフラワーやドライフラワーを使用しています。

全て、しめ縄の大きさは直径が8~10㎝ほどの手のひらサイズの小さな飾りになります。
どうかサイズ感など、ご購入の前にご確認をお願いいたします。

今年は、壁掛けもできて置いて飾ることもできるデザインも4種類作りました。






しめ飾りは今年とれた稲わらで綯われ、地域によっても違いますが、
お正月を過ぎたらお焚き上げするのが習わしです。
飾る期間が短いものなので、今回も花は全てワイヤーでくくりつけ、取り外せるようにお作りいたしました。
もちろん、そのまましめ飾りとして花も一緒にお焚き上げしても、
花を取り外してそのまま小さな飾りとして、またばらしてラッピングなどに役立てたりしても、
ご自由にお選びいただければと思います。

しめ飾りは、最近では、クリスマスが終わった12月26~28日までに飾ることが多いようです。
飾るのを避けなければならないのが、12月29日と31日です。
29日は9が苦に通じ縁起が悪いとされ、31日は一夜飾りといって神様に対して失礼とされます。
しめ飾りを片付けるのは、一般的には1月7日(地域によっては15日)、
外したものは地域の神社に持っていき、お焚き上げするのが一般的です。



また、配送料につきまして、webshopの配送料基本設定のシステム上、ご注文時には全て配送80サイズでの総合計金額となりますが、
商品ページに記載しております配送サイズにて、正確な送料をご注文確定メールにてお知らせいたします。
なお、1配送先に複数個同時にご注文をいただきました場合など、商品ページに記載の配送サイズよりも大きくなる場合がございます。
こちらにつきましても、ご注文確定メールにてお知らせいたしますので、ご了承いただけますようお願い申し上げます。
しめ飾りは全て簡易包装でお届けいたします。

長くなり申し訳ございません、、
最後にもうひとつ、お願いがございます。

私事で大変恐縮ですが、息子がアレルギーの負荷試験のため、年末に入院することになっています。
そのため、全ての発送業務などを12月26日までに終え、今年の仕事納めとさせていただきたいと思っております。
現在、お支払い方法が、商品代引がご利用できずお振込みのみとなりご不便をおかけしております。
そのような状況で勝手を本当に申し訳ございません。。
ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願い申し上げます。

webshopはこちら