2017/03/30

もうすぐ1年生


息子の大好きなおかず、「みのむし*」をメインに締めくくったラスト幼稚園べんとう。



息子が無事に幼稚園を卒園した。

はぁ、終わったーというのが率直な感想。
卒園式から現在に至るまで、どうしようもなく猛烈に気が抜けています。

息子がもう小学生だなんて。
本当に早いものです。

この1年毎日作った幼稚園べんとう、最後の日は息子への手紙も付けた。
地味なおかずでも見た目でも、時にはごはんを炊き忘れて焼きそばオンリーでも、
文句ひとつ言わず毎日ぴかぴかに食べてくれたこと、やっぱり感謝しかないです。


洗濯前の制服のポケットチェックで出てくる葉っぱやどんぐり、石ころ、キラキラした紙の切れ端とか。
息子にとったらきっとものすごい宝物で、大事にポケットにしまって持って帰ってきたんだろうな、なんて想像するとふっと気持ちがほぐれたし、
息子が見る世界は、わたしが思うよりきっと、色んな発見が毎日あったに違いない。

ちょっと縁石があると上ってみたり、水たまりにわざと入ってみたり、何もないのにふと見るとジャンプしてたり、
とにかく遊ぶことがいちばん大事だった幼児期って、何ていうか思い返してみると親にとっても特別だったなぁと思う。


娘のときと同じ土屋鞄さんで注文したランドセルも届いた。

黒のシンプルなランドセル。
まだまだ息子には大きくてランドセルが歩いているみたい。

「おおきくなる背中を あなたと一緒に、みまもります。」

ランドセルと一緒に届いた言葉もまた胸に。

さぁ、小学生か。





*みのむし→から揚げの味付けをした細切りささみをじゃがいも千切りで包んで揚げたもの。

0 件のコメント:

コメントを投稿