2016/03/06

osaka


必要に迫られて本棚を購入した。

IKEAさまさまである。

いつか、壁一面の大きな本棚、が夢ではあるものの。
賃貸では地震対策がしっかりとできる自信もなく、3段の低めの本棚を3つ並べた。

飾り棚も兼ねるはずが下段はもうすでに本でぎゅうぎゅう状態。
余白のあるレイアウト、という憧れは一瞬で憧れに終わってしまった。

それにしても、こどもの手の届く場所にこんな風に飾ったりできるようになるなんて。
こどもたちも大きくなったものだ。


長野を離れるときが来たら手にしたい、と心に決めていた井藤さんのシェーカーボックスが届いた。

大きさも形も色々あって、お店の方を前にして随分長く悩んで決めたのも(ごめんなさい)長野の思い出。
届いたものはもうどうしようかと思うほど美しく、これが人の手によって作り出されたものだということに心底感動した。

一生、大事に大事に。
飴色に育っていく様も楽しんでいけたらと思います。



長野から引っ越してきて2週間と4日。
やっと段ボールも片付けて、普段通りの暮らしができるようになった。

ちょっとゆっくりしたくて。

こどもたちが寝てからは、やっとのことで、録画しておりた年末の「笑ってはいけない」を小出しで観たり、
コーヒー飲みながら読めていなかった本を読んだりネットしたり。

平日も、娘の小学校のお友達との遊ぶ予定にいつでもいいよと合わせれるように大きく予定をあけておいたり、
休日も思いっきり遊ばせに出かけたり。

とにかく今はそんな感じの毎日です。







0 件のコメント:

コメントを投稿